気の利いた質問

会社の説明会で学生から出てくる質問についてネットで検索してみると、「こんな質問してどうするの?」と呆れているのは企業側だけでなく学生もなんだな、ということに改めて気付かされた。Q&Aにも「一日の流れを教えて下さい」という件については書いたが、詳しくは各自「就活の説明会でイラッときた質問」でググってほしい。

現実的には、会社説明会のようなフォーマルな場で学生も企業もストレートに聞いたり答えたりできないのが実状だろう。企業は都合の悪いことは答えないか、 もしくは自社に都合のいい答えを用意している。そのうえ学生も「こんなこと聞いちゃ駄目だろうな」と遠慮をするのだから、会社説明会の質疑応答なんて予定調和にしかなり得ない。だからこそ テクダイヤでは座談会重視なのだが...

さて、そんな質問の中でも私が特に記憶に留めている、気の利いた質問はこれ。

「昨日は何時に帰りましたか?」

これを聞いた学生は、おそらく何も意識せず、素朴に感じた疑問を聞いたらしい。しかしこれは凄い質問である。残業はありますか?とか何時間くらい残業してますか?と聞かれると一般的にははぐらかしたり、または過小報告するのが普通だ。

しかし具体的に「昨日は?」と聞かれると嘘がつきにくい。昨日だから覚えていないとは言えないのだから。これでは言い逃れが出来ない。なんと巧妙な質問だろう。

会社説明会に会社を代表して出てくるくらい社員だから、バリバリに働いているエース級であろう。そのKeyマンが定時に帰れるわけはない(笑)。

もっとも、コレは気の利いたというよりは意地の悪い質問かもしれない。

個人的には残業よりも、職場の人間関係の方が重要なんじゃないかと思う。嫌な人間関係の中だったら、定時ですら働くのは苦痛だ。逆に、好きなことをやり続けて鬱病になる人間は居ない。そもそも人間関係が良好なら、上司は部下の健康に気配りするわけだし。

残業や給与の話は選考も進み「この環境なら頑張れるかも」とある程度確信を持てた後に聞くもので、初期の段階に聞くような話じゃないと思う。

Leave a Reply

CAPTCHA