もし海外赴任のチャンスがあったなら

with コメントはまだありません

「いまどきの若者は内向きで海外志向が低い」なんていう話もあるが、少子高齢化で日本の人口は減少傾向にあり市場が萎んでくるのはわかりきっているのだから、販売先であれ製造先であれ、どこの企業もグローバル化を進め海外に出ようとい … Read More

カッコ悪さの格好良さ

with コメントはまだありません

「七つの最高峰」という本は、購入してから実に15年も手付かずで長年放置していた本だった。 しかし、読み始めたら面白いのなんの。   元マイクロソフトジャパン社長の成毛さんもオススメの本に挙げていた。 内容は、素 … Read More

真面目さは売りになるか?

with コメントはまだありません

エントリーシートを見ていると、 女学生の自己アピールの2割には「真面目」という言葉があるような気がする。   結論から言えば、真面目が評価されるのは学生までで、 社会人になるとそれは「不器用」という言葉に変換さ … Read More

台湾人社員Jくん

with コメントはまだありません

J君はかつてテクダイヤで働いていた社員。 私も含めテクダイヤには台湾好きの社員は多いが、その源流をたどれば台湾出身である彼に突き当たる。   彼の入社はテクダイヤが台湾事務所を作る前のこと。 東京の本社で1年ほ … Read More

プロとは何か?

with コメントはまだありません

本日のお題は「プロとは何か?」だ。 かつて東京ドームの遊園地でコースターからの転落死亡事故が起きたときのこと。テレビのニュース番組でコメンテーターが「お金をとってやっていることなんだから、きちんとやらないと」みたいなこと … Read More

文系?それとも理系?

親戚がアメリカの大学院へ留学。ノーベル賞受賞者が普通にキャンパスを歩いている恵まれた環境で充実したキャンパスライフを送り帰国。ちょいと話しをする機会があった。 彼は数学科出身だから日本でいえば理系ってことになるが、「理系 … Read More

働く意義

2016卒の就活も3月のスタートから3ヶ月経過。中小企業を中心として選考も進み、中には内々定、内定を出した企業も出ていると聞く。面接を何度か経験している就活生でも、話をすると「自分の行きたい会社がわからない」という学生が … Read More

英語ができないんですけど大丈夫ですか?

with コメントはまだありません

テクダイヤもグローバルを標榜する企業なので、説明会を開くと必ずこの「英語が喋れないんですけど大丈夫ですか?」という質問が出る。これについてはQ&Aのコーナーに答えを入れておいたのでそちらを見てもらうとして、今回は … Read More

好きなことを仕事にすべきか?

with コメントはまだありません

一番素晴らしい仕事というのは「自分の好きなことで他人から尊敬され、お金がもらえること」という3つを兼ね備えていること、らしい。しかし世の中そうそう甘くはないので、3つが同時に存在することは少ない。 「好きではないけどお金 … Read More

娘さんをください

with コメントはまだありません

学生と話をしているとよく「私は人と話をするのが好きなので、営業がやりたいです」というのを耳にする。男女に限らず営業職を希望する人のほとんどがこのセリフを口にするが、この言葉に違和感を感じるようでないと就職活動はうまくいか … Read More

品質と品格

with コメントはまだありません

テクダイヤのフィリピン工場にはたくさんのお客さんがやってくる。そのお客さんがすべての日程を終え帰国する、という時のお見送りにはひとつの作法がある。お客さんが車に乗り込み工場のゲートを出ても、その車が角を曲がって完全に見え … Read More

手書きの持つ「ちから」

with コメントはまだありません

今しがた、昔の書類を引っ張りだして見ていて目に止まった。 「誰だよ、この汚ねぇ字は!」 と思ったら、自分だった(笑)。我ながら自分の字の汚さには本当に滅入る。しかし書くことに躊躇はしない。 字を丁寧に書くことの重要性はか … Read More

本物

with コメントはまだありません

お昼にインド料理を食べた。ナンがついたカレー。従業員は見たところ全員インド人。マトンカレーを食べたのだが、いわゆる普通のインド料理屋のカレーだっ た。これに比べるとやはりホーカーズの方がスパイスの香りも肉の旨味も上だと思 … Read More

日に三度幸せ教

with コメントはまだありません

ホリエモンこと堀江貴文の「ゼロ」に「食事でいい加減な場所を選ばない」という趣旨のことが書いてあった。私も同じことを常に考えているので、この言葉にすごく共感した。 私は半ば真面目に「日に三度幸せ教の教祖」を自称している。1 … Read More

1 10 11 12 13 14